​新着情報

第1188回例会が開催されました

第1188例会は兵庫県立加古川医療センター救急科医師の伊藤岳様による、『「山の診療」 国内外での四方山話』でした。 伊藤先生は普段は県立病院の救急救命医と勤務するかたわら、夏は北アルプス三俣山荘の診療所でボランティア医師として多くの登山者を診ておられます。 また、2009年にチョモランマ(エベレスト)登山隊に医師として同行された経験もあるそうです。 山の診療所にまつわるお話や、チョモランマへ行かれたときのお話など大変興味深く、楽しい卓話を頂戴致しました。

第1187回例会が開催されました

2018年最初の卓話は 日本考古学協会協会員、長野県考古学会会員 林 賢様による「クラブバナーシンボル“顔面把手付深鉢土器”について」でした。 我がクラブを象徴するバナーには市内海戸遺跡より発掘された顔面付深鉢土器が描かれています。バナーが生まれた経緯は製作に当たって将来岡谷を代表するものとなるものを掲げようと言うことで国重要文化財に指定されている顔面把手付深鉢土器を選定したそうです。 顔面把手付土器は約5000年前の縄文中期頃に製作されたものではないかと言われています。縄文中期は温暖化の時代で八ヶ岳一体は栗やドングリなど食生活が豊かで狩猟中心の生活でした。従って私有財産の観念はなく、獲物を獲得するためには力を合わせる事が必要で争いの無い時代でした。精神的にも安定した時代であり芸術的情緒も豊かであったと考えられます。土器の正面にはあどけない女性の顔面が描かれているが後ろには蛇が描かれている。蛇は男の象徴であり、器は男女和合をシンボル化したともいえます。きっと安産や子孫繁栄を願い祭器として使用されたと考えられますが、発見されたのが貝塚の様なごみ捨て場より発掘されたので残念ながら国宝とはなっておらず、重要文化財どまりだそうです。ちなみに茅野市の縄文のビーナスや仮面の女神は陵墓より発掘されたので国宝に指定されました。 いずれにしても平和な時代の子孫繁栄を願う先人の思いが込められた土器に違いはなく、我がクラブにふさわしいバナーシンボルです。

第1186回例会が開催されました

2018年最初の例会は会員新年会でした。 クラブ協議会で半期の会計報告が行われた後に、懇親会が行われました。 木下エレクト・小松幹事からのビンゴゲームのアトラクションもあり、新年の門出にふさわしい和やかで楽しい会となりました。

元旦ウォークが開催されました

2018年元旦 恒例の元旦ウォークを行いました。 晴天で穏やかなお天気の中、メンバーとご家族が釜口水門から諏訪湖畔を歩き、最後はいちご園でのいちご狩りを楽しみました。

第1185回例会が開催されました

2017年12月18日に行われた第1185回例会は恒例のクリスマス夜間家族例会でした。 メンバーをはじめそのご家族が多数出席し、楽しい懇親のひとときを過ごしました。

第1183回例会が開催されました

2017年12月4日に行われた第1183回例会は年次総会でした。 次年度(2018ー2019年度)の役員理事予定者が選出されました。 次年度役員理事予定者は以下の皆さんです。 会  長     木下敏彦 会長エレクト  下山 晃 副 会 長     杉村浩平 ※クラブ奉仕委員長兼任 副 会 長     高橋保久 幹  事     進藤龍吾 会  計    小松市男 直前会長    野口行敏 理事職業奉仕 宮坂好史 理事国際奉仕 山﨑廣和 理事社会奉仕 小島善之 S A A    秦 邦洋

第1182回例会が開催されました

2017年11月27日に行われた第1182回例会は雑誌会報委員会担当により、講師に㈱みのり建設代表取締役宮坂典利様を迎えて「人を活かし、物を活かす」と題して卓話をいただきました。

第1181回例会が開催されました

2017年11月20日に行われた第1181回例会は国際奉仕委員会の黒畑委員長、山﨑副委員長による卓話「これからの国際奉仕について」でした。 これからの当クラブの国際奉仕事業について話していただきました。

第1180回例会が開催されました

2017年11月6日に行われた第1180回例会は今井誠ロータリー財団委員長による卓話「ロータリー財団について」でした。 ロータリー財団について下記のようなお話をしていただきました。 (1)ロータリー財団の使命と歴史 1.R財団の使命 ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを 通じて、世界理解・親善・平和を達成できるようにする。 2.R財団の成り立ち 1917年 アーチ・フランクのビジョン「もろもろの社会奉仕を今まで通りに実行し ていくには、慈善・教育・そのほかの社会奉仕の分野において世界でよいことを するための基金を作るのが、極めて適切であると思われる。」 (2)ロータリー財団の主なプログラム 1.期初の財団プログラム:大学院奨学金(1947年) 2.最初の3-Hポリオ補助金(1979年) 3.グローバル補助金/対象となる6つの重点分野 (3)新しい補助金モデル 1.「未来の夢計画」 2.地区補助金 ・小規模、短期のプロジェクト ・地元または海外出の活躍 ・ロータリー財団の使命を支える活動 ・年に一度、地区に一括支給 3.新しい補助金モデルでの実績 ロータリーの補助金2014-2015:487件地区補助金 2520万米ドル/1078件の グローバル補助金6870万米ドル (4)2017-2018年度 第2600地区の取組み ロータリー財団へ$150 ポリオ撲滅$30 平和センター500円 ⇒ 約$190/人 財団設立100周年を記念して必ず達成させたい(関ガバナー) ◎岡谷エコーRC ロータリー財団寄付 2014-2015 会員数 47  年次寄

アーカイブ
タグから検索

​例会場のご案内

ライフプラザマリオ

〒394-0081

長野県岡谷市長地権現町3-2-45

TEL 0266-28-8740

FAX 0266-28-8684

CONTENTS

​事務局のご案内

〒394-0081

長野県岡谷市長地権現町3-2-45

​ライフプラザマリオ 内

TEL・FAX 0266-26-7600

岡谷エコーロータリークラブ

〒394-0081 長野県岡谷市長地権現町3-2-45

​ライフプラザマリオ内

TEL・FAX 0266-26-7600

© 2020-2021 Rotary Club of OKAYA ECHO

  • facebook-square
  • Twitter - Black Circle